MENU

脂肪肝って?どんな風に治すの?

脂肪肝に良い食べ物、食事療法! レシピの一覧

脂肪肝は、肝臓に中性脂肪が溜まっている状態で、肝臓全体の3割以上が脂肪となっている場合、「脂肪肝」と呼びます。

 

脂肪肝の問題は、その状態により肝機能が低下してしまうことにあります。脂肪が多くなった肝臓が動きを低下することにより、血流が悪くなったり、代謝が悪くなったり、最終的には肝臓機能が停止してしまうこともあります。

 

そんな怖い脂肪肝ですが、生活習慣、食事療法、栄養管理などで改善することが可能です。生活習慣は基本的なことで、暴飲暴食、過剰な飲酒をやめ、睡眠をしっかりとり、適度な運動を心かけるといったものです。

 

こちらで取り上げたいのはそんな生活習慣に加え、どんな食材や栄養を摂れば肝機能を回復させつつ、脂肪肝の改善、予防ができるかといったことに触れていきたいと思います。

 

脂肪肝に良い成分

オルニチン

オルニチンには大きく分けて、疲労回復、目覚めがよくなる、二日酔い予防などといった効果があります。

 

しじみなどに多く含まれるオルニチンはアミノ酸の一種ですが、遊離アミノ酸というタンパク質とは結合せず独自で活動するもので、特に肝臓に対しての効果が高いとされています。

 

これはすべて肝臓の働きを阻害するアンモニアを除去したり、エネルギーの代謝を手助けしてくれるなどといった効果があり、オルニチンを摂取することにより肝機能の回復が直接的に行われる非常に珍しい要素です。

 

今や肝臓助けてくれる栄養素の代表格の一つとして数えられます。

 

タウリン

脂肪肝に良い食べ物、食事療法! レシピの一覧

タウリンがたくさん入っていると元気が出るといったイメージがある方が多いかと思います。

 

牡蠣や魚の血合いなどに多く含まれるタウリンの効果は二日酔いの症状の改善やコレステロール値の改善、肝細胞の再生そして、脂肪肝の脂肪分である中性脂肪を体外へと排出する働きがあります。

 

脂肪肝には非常に優れた栄養素と言えます。

 

スルフォラファン

ブロッコリースプラウトなどに多く含まれる栄養素で、その効果は「酵素の生成促進」です。酵素は加齢につれて生成量が減りますが、酵素が足りないと全ての体の機能が低下してしまいます。

 

つまりスルフォラファンは年齢を重ねた身体の活性剤のような効果を持つことになります。具体的な効果としては、脂肪の代謝性能UPや抗酸化作用による老化防止、解毒作用の向上など多岐にわたります。

 

ウコン

脂肪肝に良い食べ物、食事療法! レシピの一覧

多くの肝臓商品に配合されているウコンですが、脂肪肝のような肝機能が低下している場合は、あまりおすすめできません。

 

それは鉄分が多く含まているため、代謝の際に肝臓に大きく負担をかけるからです。予防という場合は問題ありませんが、すでに肝臓の数値が上がってしまっていたり、肝臓の疾患が宣告されている場合には、ウコンの摂取は避けるべきでしょう。

 

亜鉛

どちらかといえば、摂るメリットより摂らないデメリットのほうが多い成分。亜鉛不足はそのまま肝機能の低下になる恐れが強い栄養素で、自己再生能力の強い肝臓が再生のために必要な要素こそが亜鉛なのです。

 

対して、亜鉛を一日の推奨量とっている人は多くはないため、肝臓が弱っている人には亜鉛を摂ることは必須とも言えます。

それらを含んだ脂肪肝に良い食べ物

しじみ

肝臓にいいものというと一番にあたる食材ではないでしょうか?

 

最近、テレビ番組で肝臓の機能を回復させる「オルニチン」の特集が組まれ、その効果は広く認知されました。オルニチンの肝臓のサポートに必要な量は400~1,500mgと言われています。

 

一方しじみのオルニチン含有量は100g当たり15mgと一日当たり2kg以上食べても推奨量に届きません。

 

それだとしじみを食べても意味がないのでは? と思うかと思いますが、しじみは豊富なアミノ酸や亜鉛などのミネラルも豊富に含んでいますので、オルニチンはサプリなどで摂り、しじみの味噌汁など飲みやすい形で摂取していくことで効果を発揮してくれます。

 

牡蠣

脂肪肝に良い食べ物、食事療法! レシピの一覧

牡蠣には肝機能をUPさせるタウリンや亜鉛、ビタミンB群や葉酸などたくさんの栄養素が含まれています。それ以外にも牡蠣はコレステロール値の改善にも効果があり、脂肪肝の改善に適した食材です。特にタウリンには肝細胞の再生や二日酔い症状の改善、中性脂肪の排出などの効果もあるため、積極的に摂りたい栄養素になります。

 

トマト

脂肪肝に良い食べ物、食事療法! レシピの一覧

トマトがダイエット成分があるから、夜トマトダイエットをしましょう!

 

など、トマトは一時期有名になりました。というものトマトに含まれる「13-oxo ODA」と呼ばれる成分が血中コレステロールの値を下がる働きがあることが発見されたことと、リコピンの強い抗酸化作用などトマトで得られる脂肪への対策や予防効果は高いのです。

 

そこで利用したいのはトマトジュースやトマト缶。特にトマトジュースは一本当たり3~4個含まれていることが多く、トマト缶も一缶当たり6個程度の数量があるので料理と組み合わせたり、そのまま飲んだりと好きに利用ができます。

 

リコピンの推奨摂取量をトマトで摂るには?
大サイズのトマト 2個
トマト缶 半分 
トマトジュース パック1本
トマトケチャップ 大さじ4杯

 

一日にそれだけのトマトを摂ることは難しい上にトマトは安い食材ではないため、経済的にも負担になりますが、ケチャップや安価なトマト缶、トマトジュースを使用することにより負担を軽減できます。

 

理想の栄養素を食材から毎日摂るのは困難?

脂肪肝を改善する食材は他にも細かく数えきれない種類がありますが、一種類だけならばともかくそれを毎日というのは現実的ではありません。

 

脂肪肝対策は、肝機能回復と肝臓脂肪を減らすことを同時に行うことが大切です。

 

 

特に肝臓機能を回復させるオルニチンは食物からとるのはほぼ不可能なため、サプリメントでの摂取が必須です。また、脂肪肝対策と肝臓に必要な栄養素が詰まった牡蠣も同様です。

 

 

そこで、しじみと牡蠣を中心とした肝機能を回復させつつ、脂肪肝対策にもなるサプリメントをご紹介します。

肝臓にいいサプリメントランキング

 

レバリズムの特徴

しじみと牡蠣、肝臓改善二大食材配合
血液サラサラ効果のあるスクワレン配合
初回5000円OFF

主要配合成分

オルニチン、アルギニン、カリウム、アラニン、グルタミン、メテオニン、タウリン、トリプトファン、リシン、イソロイシン、ロイシン、チロシン、クリシン、マグネシウム、パントテン酸、ヒスチジン、亜鉛、スクワレン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンE、他
口コミ

脂肪肝と診断され、何か肝臓のために食事をかえている最中です。レバリズムもその時に買いましたが、気だるかったからだが少し軽くなった気がします。食事療法のおかげなのか、レバリズムのおかげなのかわかりませんが、このリズムを変えたくないのにリピしたいと思っています。 63歳/女性
体脂肪はそうでもないのに体脂肪レベルがヤバくなってきていたので、体の中から変えよう!と思って手を出しました。2か月経ちましたが、内臓脂肪レベルが2下がっているので、脂肪肝もよくなっていると思う(笑)健康診断で肝臓の数値を見るのが楽しみやら怖いやら。 42歳/女性
色々肝臓サプリを試しましたが、一番しっくりきたのと、実際に私には効果があったので個人的には決定版です。サプリメントなんて飲んでみないと分からないというのは嫌と言うほど経験してきてやっとたどり着いたサプリです。どうか製造中止にならないことを切に願っています。 56歳/男性

価格 980円
評価 評価5
備考 初回Web限定割引 5000円
レバリズムの総評

国内産のしじみ、牡蠣、スクワレンを使用したレバリズムです。肝臓に良い影響与える話題のオルニチンや亜鉛、必須アミノ酸と豊富な栄養素が大量に配合されています。牡蠣としじみのエキスを合わせたサプリメントというのは意外に少ない上に、国産の原料を使っているところも少ないためかなり良質なサプリメント。



オルニチンをはじめとする栄養素は肝臓の数値であるγGTP、ALT(GPT)、AST(GOT)を下げる効果が期待できます。


脂肪肝対策はもちろん、二日酔い対策、肝臓対策、腎臓対策などレバリズムだけで多くの健康に良い効果が期待できるのは大きいですね。


しかも、今なら、980円で一か月分が試せるのもポイントが高いです。

 

肝パワーEプラスの特徴

牡蠣、梅、にんにくとビタミンB群配合
モンドセレクション金賞受賞
お試し価格980円


主要配合成分

広島産牡蠣(亜鉛、グリコーゲン、鉄、タウリン)南高梅(クエン酸、リンゴ酸、コハク酸、食物繊維)、ジャンボにんにく(スコルジニン)、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンE
口コミ

内臓脂肪のレベルがどんどん上がっていってどうしたいいかなぁと思っていろいろ調べていた結果、運動しながらサプリを飲もう!でした。肝臓の数値も悪かったのでこれを選びましたが、よかったと思います。内臓脂肪レベルも少し落ちたし、健康診断で異常値を出す項目もなくなったのでよかった。 49歳/女性
健康診断で脂肪肝になりかけっぽい数値だったため取り入れました。結構高いので外れたらやだなぁと思っていたら、脚のむくみがほとんどなくなったことに驚きました!全く想定していなかった事態に嬉しい悲鳴です!さすがにミニスカートははけないけど、ロングスカートくらいならはいてもいいかもと思えました。ダイエットも頑張ろうかな。 45歳/女性
大酒飲みで一日3合は日本酒を飲み、休みの日は一升飲むほどです。それまでは平気だったのですが、ついに肝臓がよくないと診断を受けてしまいました。思い切って定年を機に禁酒をしようと思って使ってたお金を肝パワーEプラスにつぎ込みました。1年たちましたが、スゴイです。健康そのものですと言われるようになりました!体重も減ってスリムになったと娘にも褒められいいことづくめです! 61歳/男性

価格 980円
評価 評価4.5
備考 5袋お試し価格
肝パワーEプラスの総評

肝臓にいいもので牡蠣は代表的な食材ですが、梅に含まれるクエン酸も肝臓に良い影響を与えます。一般的に肝臓にいいものに抗酸化作用の強いものが含まれますが、にんにくは強い抗酸化作用がある強い食材です。このように肝臓に良いものを集中的に組み合わせ、食材、品質にこだわり製造された肝パワーEプラスは多くのサプリメントと一線を画していると言えます。

その効果は、お試しでぜひ体感してみてはいかがでしょうか?

 

牡蠣のチカラαの特徴

肝臓に良い牡蠣エキスをたっぷり配合!
豊富な必須アミノ酸配合
マカ、高齢人参で毎日の元気に!


主要配合成分

牡蠣エキス(アミノ酸、亜鉛、グリコーゲン、タウリン、ミネラル、ビタミンB)マカ、高齢人参
口コミ

脂肪肝には牡蠣がいい?と聞いたけど牡蠣はあんまり好きじゃないのでサプリで摂ることに。……う~ん。いいような気がする。正直よくわかんないけど、体調が悪くなったりするわけじゃないからまだ1週間なので保留かな。 43歳/女性
健康のために飲み始めました。三か月くらいたったけど、なんとなく体が軽く感じます。特に頑張った運動はしてないのに、体脂肪率も下がったし、そういうことですよね?肝臓が悪いと太りやすいっていうけど、やっぱり牡蠣はすごいみたいです。 54歳/女性
毎日お酒を飲んでいたせいか、肝臓の数値がどんどん悪くなって、ついに医者から禁酒のすすめが。厳密には節酒かな。肝臓が悪いなら牡蠣がいいよと嫁がいうので、サプリで摂ることにしました。これを選んだのはマカと高麗人参も入っていたから。男として枯れていたからちょうどいいかって(笑)1年飲んで医者から節酒解禁をいただきました!夜のほうの元気はノーコメントで(笑) 42歳/男性

価格 980円
評価 評価4
備考 毎月二袋ならば初回限定で1960円
牡蠣のチカラαの総評

牡蠣には豊富なアミノ酸と日本人に足りない、かつ肝臓に良い影響を与える亜鉛、タウリンがたっぷりと含まれています。

弱った肝機能を修復させるためにはこの三つの栄養源は必須です。

しかし、牡蠣を毎日摂るのは精神的にも経済的にも実状的にも困難。値段もかなりお買い得なため、牡蠣を主軸に脂肪肝を改善したい!と考える方にはおすすめのサプリメントです。

脂肪肝に良いレシピ

簡単!なんちゃってサラダバンバンジー

脂肪肝に良い食べ物、食事療法! レシピの一覧

材料

鶏ささみ 5本
きゅうり or レタス or 葉物野菜 適量
トマト 適量
市販のゴマダレ 適量
塩 大さじ1/2
水 1リットル

 

1.ささみの筋は切っておきます。
2.鍋に塩を入れ沸騰したらささみを投入し、火を止めます。
3.5分ほどしたら手で細かく裂きます。裂き具合で食感が変わります。
4.きゅうりやレタスなどの葉物野菜の上にささみを乗せ、お好みでトマトを添えます。
5.市販のゴマダレをふりかけて完成です

 

コメント
このレシピは肝臓にいい、ゴマ、トマトを摂取でき脂肪分の少ない鶏ささみを摂ることでしっかりとタンパク源も確保しています。意外にお腹いっぱいになるのでおすすめです。タッパーなどに取り分けて毎食食べるような形もおすすめです。

 

-